top of page

ChatGPTで変わってくる世界

更新日:2023年2月16日


2022年11月に公開されたチャットボットのAIです。

すでに体感されている人もたくさんいると思いますが、感動したことも多かったので久々にブログを更新します。


ChatGPTは人間の対話をかなり再現しているチャットボットです。精度的な課題はまだまだあるものの会話の中で学習していったり、そもそもの大量の知識量を備えているので、いろんな質問に答えてくれます。


例えば、私たちの業界でWEBサイトを制作したりしますが、「この部分のコードの書き方がわからないんだけど教えて!」とか聞いたりすると、教えてくれたりします。

世界中で会話がどんどん行われAIが学習し、知識が貯まれば貯まるほど、便利になり、おそらく様々なバックエンドシステムとして使われていくんだろうなと思っています。


参考まで、すこし私がChatGPTでやり取りした内容を紹介します。



川柳について聞いてみました。

もちろん、私はサラリーマン川柳で一度しか入賞したことが無い、川柳ビギナーです。

ChatGPTの実力を試してみたくて無茶ぶりをしてみました。


ちなみに、ChatGPTは会話が主となるので、あまり唐突な切り出し方をすると「知らない!」と、そっぽを向かれることもありますのでなるべくスムーズなコミュニケーションを心掛けて下さい。


以下、ChatGPTの回答です。



なんと、プログラムされた回答パターンからオリジナルの川柳を作ったとのこと。

字足らずですが、確かに「ふゆのよる」よりも「ふゆのよ」の方が雰囲気が出ている感じもします。


この精度のAIがすでにあるのであれば、今後はさらに様々な業種がAIに変わっていくのだと思います。すでに変わりつつある、事務的な作業はもちろん、人にものを教える職業もAIに変わるかもしれませんね。


さらには、広告の世界においても、すでにマーケティングは、ほぼほぼGoogleに頼っており、Googleが出した最適化スコアを高くするため、「最適化する」というボタンだけ押しているマーケティング担当者も多いのではないでしょうか?

ノウハウや知見はすでに人に貯まるものではなく、システムに貯まっていくものに変わっているように思います。


ともあれ、このようなAIがはじき出す答えがすべて正解ではありませんので、正解ではないことを見抜く目は常に養っていきたいところです。

bottom of page